併願校の決め方③ | 東進ハイスクール 南柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 9月 15日 併願校の決め方③

こんにちは!岡部です。

今週のブログテーマは「併願校の決め方」です!

 

僕の併願校の決め方は、

・チャレンジ校を1つは入れる

・日程が近すぎないように調節する

・学部を間違えないようにする

です。

 

僕は千葉大学を第1志望にしていましたが、併願校は

・東京理科大学

・上智大学

・法政大学

・芝浦工業大学

・日本大学

でした。

 

この中でチャレンジ校は東京理科大学と上智大学です。

もちろん受かりたいですが、受かるかもしれないというマインドで受けていました。

千葉大は受かるけど理科大は落ちる、またその逆も然り、そういう大学を1つは入れていいと思います。

 

日程は近すぎると4日連続受験などになってしまいます。

これは体が非常に苦しいです。

スタミナが持たないので入れても3日連続が最大だと思います。

できるなら2日連続にすると1日空きができるだけで、身体の回復になります。

 

学部を間違えないようにするのは大事です。

学部の名前が似てるからここでいいや、にすると入った時にやりたかったことと違い、大学生活に4月から絶望します

学部学科名が近いのはもちろん、きちんとHPを見て自分が興味あるかを確認しましょう。

 

千葉大学のコース名は「物質科学コース」でしたが、

併願校は「情報工学科」みたいな名前ばっかり受けていました。これはやりたいことが第1志望校にしかなかったからなっていました。

 

9~10月にかけて、募集要項が続々と公開されていきます。

きちんと自分で調べて、併願校を選びましょう。