大学で学んでいること(東京都立大学健康福祉学部看護学科) | 東進ハイスクール南柏校|千葉県

ブログ

2020年 5月 13日 大学で学んでいること(東京都立大学健康福祉学部看護学科)

東進南柏校では、自宅オンライン講習を実施しています!

↓お申込みはこちらのバナーから↓

こんにちは

東京都立大学健康福祉学部看護学科に通っている森住です!

今回は、私が大学で学んでいる事について話していきます☆

 

まず、私が通っている東京都立大学について軽く説明します

なんと、2020年度から名前が変わりました!(正確にいうと戻りました)

私の学生証は首都大学東京のままなのでなんだか変な感じです(笑)

八王子・日野・荒川にキャンパスがあるのですが、私は今荒川キャンパスに通っています!

荒川キャンパスは健康福祉学部専用で、医療用の最新機器や実習施設が整っており、医療従事者を目指す人が勉強するのにとても適した環境です。

 

私は大学で、看護学を中心に学んでいます。

臨床現場で使える実技を交えた実践的なことから、病態、生理学、薬理学等基礎も学習します。

学校で習う授業も先生により様々で面白いのですが、なにより多くの学びを得たのは病院での実習です

2年の10月に初めて実習にいき、患者さんを受けもち、自分の学んだことを実際に活かすことができたことで日々の勉強のモチベーションがあがり、患者さんとのかかわりの中でたくさん学ばせて頂きました

その中で特に感じたのは、私(看護師)の行動1つ1つで患者さんの生活は変わるということです

患者さんが病院での生活をより快適に過ごすことができ、良い方に進むことができるよう、私はこれからも勉強を継続し、将来に活かしたいです!

 

医療関係に興味がある人がいたら、ぜひ校舎で話しかけて下さい(^O^)

 

東進南柏校では、自宅オンライン講習を実施しています!

↓お申込みはこちらのバナーから↓

↓各種お申込み、お問い合わせは以下のバナーをクリックしてください。↓