大学で学んでいること(東邦大学院理学研究科) | 東進ハイスクール南柏校|千葉県

ブログ

2020年 5月 17日 大学で学んでいること(東邦大学院理学研究科)

東進南柏校では、自宅オンライン講習を実施しています!

↓お申込みはこちらのバナーから↓

こんにちは。4月から東邦大学大学院に進学しました!修士1年の小笠原です。

 

さて、“大学で学んでいること”最終回は大学ではなく“大学院”で学んでいることについて話します。

 

そもそも大学院って?と、なりますよね。大学院は大学を卒業した後に主に研究を主において専門性の高い勉強をする場所です。

大学の名前も東邦大学大学院 理学研究科 生物学専攻 とやや名前が変わります。

 

僕はモデル生物の遺伝子をゲノム編集技術を使って変異を入れることで、遺伝子の働きや遺伝子と遺伝子の相互作用を解明するために研究を行っています。

学部生同様授業はありますが、ほとんどの時間を研究室で過ごし、ピペットを握って実験をするのはもちろん英語で書かれた論文を読んで知識をつけたり、パソコンで解析をしたりと皆さんがイメージするものとは若干違うかもしれませんね。

 

大学卒後の進路として就職以外の選択肢もある、ということを知って頂ければ嬉しいです!

 

東進南柏校では、自宅オンライン講習を実施しています!

↓お申込みはこちらのバナーから↓

↓各種お申込み、お問い合わせは以下のバナーをクリックしてください。↓