大学に入って意外に思ったこと① | 東進ハイスクール 南柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 6月 16日 大学に入って意外に思ったこと①

こんにちは!岡部です。

勢いよく走ったら肉離れしました。走る前は準備運動するべきですね…。

 

さて、今日のブログテーマは「大学に入って意外に思ったこと」です。

入学前のイメージから違っていたものや、そもそも知らなかったことなど挙げていきます。

 

私の通っている大学は千葉大学です。

最寄り駅は千葉市稲毛区にある西千葉駅で、駅から徒歩2分で着きます。

まずはキャンパスの大きさに驚きました。

オープンキャンパスには行ったのですが、キャンパス全体を見たわけではなかったので、あまりにもの大きさに驚きました。

駅から徒歩2分で門に入れますが、1年生のときの講義室は門から10分かかりました。

西千葉キャンパスの大きさはディズニーシーとほぼ同じです。

そりゃ大きいですよね。

 

次に図書館がとても綺麗で居心地が良かったです。

10年前ぐらいに改築されたので室内もトイレも綺麗です。

自習スペースがいろんなところにあり、自分の気に入った場所を使えるのも魅力のひとつです。

 

今は4年生なのですが、1年生のころに言われていた「1・2年生がいちばん時間あるよ」

これ、本当でした。

1年生は大学生なりたてで、人間関係も0からなのですごく大変でした。

授業は当たり前のように1限~5限まで毎日あり、そのあとサークルやバイトがあり…。

とても忙しいように感じていましたが、3年生になるとその放課後の時間があるのが贅沢なのだとわかりました。

3年生になると授業の難易度がかなり上がっており、放課後の時間は自ずと勉強で消えていきます。

サークルも最高学年になりやることが増え、奨学金返済のためにバイトを増やし節約のために弁当を作り…。

3年生は本当に時間がなかったです。

 

そして、最後にGPAはとても大事だということです。

特に1年生のGPAです。

GPAとは大学でいう成績です。0~4の5段階評価がされます。

高校生のときは一般受験するので成績などどうでもよかったですが、GPAはまた別です。

GPAは理系の場合、研究室選びそして大学院の推薦入試に使われます。

1年生のときの私はそんなの知らなかったので、1年生のGPAがかなり低く、2・3年生で頑張っても取り返しがつきませんでした。

じゃんけんが強く研究室はなんとかなったので、勉強がんばって大学院に受かりたいです。

 

大学入ったらいろんなことあると思います。

私は周りに恵まれました。

特に、一生涯仲良くするであろう友人ができたことが何より幸せです。

今年は3年ぶりに大学祭があるそうです。

そういったものも含めて最後の1年間充実させていきたいと思います。

 

明日のブロガーは……