最終共通テスト本番レベル模試を受けて学んだ事⑥ | 東進ハイスクール 南柏校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 12月 28日 最終共通テスト本番レベル模試を受けて学んだ事⑥

こんにちは!1年の渡辺です。

 

2022年もあと4日で終わろうとしていますが、今年やり残したことはありませんか?

後でやろうとして、出来ていなかったことなどは今から始めて新たな気持ちで2023年を迎えましょう。

 

 

さて、今回も引き続き「最終共通テストレベル模試を受けて学んだ事」についてです!

今日はチームミーティングが同じのNくん、Tくん、Yさんが答えてくれました!

Nくんは「鉛筆を忘れない」、Tくんは「落ち着いて解く」、Yさんは「時間配分を守る」

それぞれこのように答えてくれました。

 

鉛筆や時計を忘れないことは当たり前ではありますが、緊張感や不安、焦りから普段はしている当たり前のことも忘れてしまう危険性があるので、

Nくんに関わらず受験生の皆さんは準備等は念入りに行いましょう!

 

次に、TくんとYさんが答えてくれた、落ち着いて解くこと、時間配分を守る事は受験のときは常に意識しなくてはならないことなので、

受験本番に、いきなり大問ごとの時間配分を変えたり、例年の過去問とは問題形式が変わっていたからと言って、焦って問題にとりかかってしまったりすることは、

今までの自分の努力を裏切る行為になりかねないので、時間配分は過去問で解いていた時間配分のまま、

問題が見たことのないパターンでも、まずは落ち着いて、自分がやってきたことを信じて、その問題が聞いていることは何なのか改めて考えてみて下さい。

 

その時は全く思いつかなかったのに、他の問題を解いているときに突然答えを思い出したり、解き方を思いつくことはよくあるので、

焦ってケアレスミスをしてしまうことがないように、落ち着いて問題にとりかかりましょう!

 

 

 

 

共通テストまで残り少ないですが、自分の課題に取り組み、自信を持って挑めるよう残りの日数でしっかり準備をしていきましょう!

応援しています。

 

 

 

明日のブロガーは、、、、