大学の面白い授業① | 東進ハイスクール南柏校|千葉県

ブログ

2019年 7月 26日 大学の面白い授業①

みなさんこんにちは!4年の小笠原です。

 

昨日から急に暑くなりましたね。しかし、土日にかけてまた天気が崩れるとか。

僕は梅雨のジメジメ感があまり得意ではないので、早めに夏らしい気候になってほしいです。

 

 

さて、夏休み第1週目も終わりを迎えようとしています。

週明けからは、いよいよ各大学でオープンキャンパスが始まりますね!

 

そこで、今週からは担任助手が通っている大学の面白い授業を紹介していきたいと思います。

 

今日紹介するのは細胞生物学です。

細胞生物学は読んで字の通り、細胞の構造や機能について学んでいく授業です。

教科書は辞書なみに分厚く、情報量がとても多いです。

内容としては生物の最小単位である細胞の基礎の部分を学びます。

基礎だから簡単か?というとそんなことはありません。

生物を学ぶにあたり、基礎をおさえることはとても重要です。

 

受験勉強にも同じことが言えます。英単語や文法など基礎基本が定着していないと長文読解などはできませんよね。

基礎をしっかりと固めて過去問演習などに取り組みましょう!

 

各大学のオープンキャンパスでは、大学の先生方の特別講座などを実施しているところがあるので、自分の気になる学科の授業をぜひ一度受けてみてくださいね!

 

明日のブロガーは、